ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

現在のカートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートの中を見る

ビデオ・解説書

7件の商品がございます。

ビデオ(VHS)『職人の技』

金額 (税込): 27,000
大阪と奈良を中心に、部落産業について統計などによる普遍化ではなく、当該産業や個人の具体像を探ります。①ブラシづくり、②伸線業、③三味線皮づくり、④グローブづくり、⑤ちりはたきづくり、⑥筬づくりを職人の語りを交えて紹介しています。
数量:

ビデオ(VHS)『近代日本社会と部落問題』

金額 (税込): 3,780
1871年に「解放令」が発布されて四民平等が謳われたことで、制度的には身分は廃止されましたが、社会のなかの差別的な構造や意識を払拭するものではありませんでした。また、日本の近代化のための天皇制利用が新たな階層の体系を産みました。そんな状況下で、部落の人々はどのように考え、行動したのかを様々な角度から考察しています。
数量:

ビデオ(VHS)被差別部落の芸能と文化

金額 (税込): 3,780
①鳥取市南部に広まった初春の門付芸の現在を紹介した「円通寺人形芝居」、②大阪市浪速地区の太鼓職人の技と地域青年たちの活動を紹介した「渡辺村と太鼓」、③被差別部落の食肉業が日本の食文化に果たした役割を紹介した「被差別部落と職業」で構成されています。
数量:

ビデオ(VHS)皮革と被差別部落

金額 (税込): 3,780
動物から剥ぎ取った状態の「皮」をなめして新しい「革」に生まれ変わらせるという「皮革業」。被差別部落の人々の継承により、中世以降日本独自の製法が守られる「白なめし革」と近代以降西洋式を輸入した「手縫い靴」の歴史と伝統の技を紹介しています。
数量:

ビデオ(VHS)『近世身分制社会と被差別民』

金額 (税込): 3,780
部落史研究の深化により、「士農工商」という単純な形では捉えきれなくなっている近世身分制社会。そこで、それぞれの身分に課された役目と人々が携わってきた生業を伏線にすることで、身分秩序の全体像から被差別民の具体像を明らかにしています。
数量:

ビデオ(VHS)『よき日のために―全国水平社80年の闘いに学ぶ―』(解説書付) 35分 カラ

金額 (税込): 27,000
1922年の創立から80年を迎えた全国水平社の初期に活躍した青年の姿、内部対立、糾弾闘争、そして1942年の消滅までの歩みを概説。その精神がのちの部落解放運動に引き継がれ、国策樹立、国際連帯にまで発展していった様子も紹介しています。
数量:

ビデオ(VHS)『人権教育のための国連10年と同和教育』(解説書付) カラー 55分

金額 (税込): 3,780
戦後、部落差別の現状を憂慮した教育者たちが同和教育を推進していきます。地区出身者と関わる教育から、『人権教育のための国連10年』を経て人権教育・参加型手法へと発展し、いま多文化教育へと行き着いた同和教育の系譜と実践例を紹介します。
数量: